備忘録④

少しだけカートレースを齧ってる一般的な20代前半サラリーマンの旅行記と日々の備忘録。

ポタクが逝く自転車の旅 名古屋〜秋葉原編 第2話

おはようございます。

 

今日も一日、

 

f:id:racing_tak:20180724075634j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝。社畜故早起きをしてしまう性。

 

7時に起きて、朝風呂入ってご飯を食べて、8時にさあ出発だ!

 

と思うと、チェーンキーの鍵穴が回らない。

 

嘘だろ?

 

ガチャガチャと無理やり回してみる。

 

でも回らない。

 

そしてガチャガチャしてるうちに、鍵が折れた。

 

\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

実は過去に原付のU時ロックで同じような経験をしている。

 

うわーこれ1万円以上の工賃取られるやつやん…と思いながら、

 

24時間営業の鍵解錠業者へ電話する。

 

そして結局グラインダーでぶった切ってもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:racing_tak:20180724080140j:image

 

やっとのことで鍵が空いた。

 

スタートで2時間の足止めを喰らいます。

 

しかし、実はかなり有益な時間でした。

 

 

 

 

 

 

鍵業者のお兄さんの趣味がなんと自転車。

 

浜松の方らしく、浜名湖も何周もしてるよ〜と話す。

 

そこで、話しているうちに…。

 

・1号線は一部自転車通行不可

・一般的な迂回路は県道を行くルート

・だけど山ばっかりだから距離は多くなるけど平坦な150号線がオススメ

・三島、沼津は厳しいのでは?静岡もそれなりに遠い

 

ということが判明。

 

 

 

f:id:racing_tak:20180724080827p:image

 

早速、150号線を爆走。

 

ずっっっっっっっっと太平洋沿いに走るルート。

 

平均30km/hでも余裕で走れる平坦な道。

 

そして、何より右にはずっと海が見える!

 

 

 

こんな道を6時間近く走りました。

 

f:id:racing_tak:20180724081048p:image

 

本当にいい道だった。

 

この道の為にまた来たいぐらいだ。

 

今僕は日本で一番夏を満喫しているだろう。

 

 

 

 

 

f:id:racing_tak:20180724081158j:image

 

一部、登りもありましたが、

 

こんな景色とずっと走っているとすべてがどうでもよくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:racing_tak:20180724081259j:image

 

ここまで、ブログのネタに出来るような大したトラブルは起きていません。

 

パンクの1回ぐらいするだろう、とか思ってたんですが、

 

本当にノートラブル。

 

あまりの快調さに、三島に宿を取りました。

 

ホテルまでの道のりにサイクルベースあさひがあったので、空気圧の点検へ。

 

 

 

 

リアがもさもさな感覚はしてましたが、やっぱり0.55MPaまで減ってました。

 

0.7MPaまで充填してもらい、

 

箱根の登り方などをアドバイスしてもらい…。

 

夜、20時。

f:id:racing_tak:20180724081839j:image

 

無事、三島のホテルに着きました。

 

f:id:racing_tak:20180724082004p:image

 

やっぱり栄養補給と睡眠は重要。

 

この日だけで160km近く走りました。

 

まあ道がかなり平坦で信号も少なかったのもありますが。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:racing_tak:20180724082411j:image

 

2018年7月19日。木曜日。

 

短パンTシャツっていうラフな格好で平日の居酒屋で一人飲み。

 

やはり浮くものです。

 

話しかけて来たリーマンのおっちゃんとお互いの夢を語ったり。

 

そんな夜を過ごしました。

 

 

 

 

明日はいよいよ箱根。

 

せっかく少しいい宿をとったので、早く寝ます。

 

目標、8時間睡眠。