備忘録④

少しだけカートレースを齧ってる一般的な20代前半サラリーマンの旅行記と日々の備忘録。

2018年 鈴鹿選手権 AVANTI 第6戦

鈴鹿選手権 AVANTI 第6戦に参戦しました。

 

f:id:racing_tak:20181016075613j:image

 

出場台数17台。結果は、

 

TT:16位

予選:10位

決勝:5位

 

という結果。

 

f:id:racing_tak:20181016075834j:image

 

朝からオーバーホールしたてのエンジンを慣らしして、自らの整備不良とマシントラブルでてんてこ舞い。

 

予選、決勝は普通に走りきれました。

 

とはいってもセッティングは思いっきり外しましたが。

 

予選は72Tで走って最高速の伸びが足りず、加速は死ぬほど速い。

 

そこで決勝はギアを落とす事にしたのですが、堅実に行くなら71T、もしハマったら良い感じかもしれないけど、外すと勝負にならないかもしれない70T。

 

悩みに悩んだ末、奇を衒って70T。これが大失敗。

 

長所と短所が極端すぎて激しいバトルの連続。

 

整備不良が無くって決勝を71Tで走れば1位はもしかしたら狙えたはず。

 

整備はちゃんとしましょう。自分。

 

次の課題ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:racing_tak:20181016080221j:image

 

クルマを痛カッコよく仕上げる事には人一倍精を出してます。

 

その甲斐あってか、ピットにいると写真を撮ってくれたり声を掛けてくれたりします。

 

ついに、ある人から「職業は看板屋さんとかですか?」と聞かれたので、

 

正直かなり満足。

 

ただの工場勤務のサラリーマンです。

 

 

 

どうやって作るの?うちの車も痛くない感じで作って!と真面目なご相談も受けました。

 

痛車制作のご相談、承っておりません。仕事にすると嫌になるので。

 

おめぇはよぉ!自分で探すってことを出来ねぇのかよ!!

 

好きなものを作ることには超ウェルカム。エロゲ痛車はいいぞ。

 

 

 

 

 

今回から投入した痛電動キックスクーターも、アドボードもまあまあの出来。

 

スタイルを貫いてレースをやってくのも一つの楽しみですね。