備忘録④

少しだけカートレースを齧ってる一般的な20代前半サラリーマンの旅行記と日々の備忘録。

自転車で三宅島TT 第1話

グゥーッドモーニング三宅島!!!!

 

f:id:racing_tak:20180821191401j:image

 

 

 

 

 

 

アニメ「つうかあ」の聖地、三宅島に行ってきました。

 

メンバーはカートレース仲間の4人。

 

どんだけレース好きなんだ。はい大好きです。

 

そんな4人で三宅島を自転車で1周しようという旅。

 

カートレースが終わった翌日に出発するというストロングスタイル。

 

 

 

 

実は僕は今回全くプラン立てに関与しておらず、

 

完全に他の方に宿の予約などをして頂きました。

 

圧倒的感謝っ………!

 

 

 

 

 

 

 

我々の出発地は鈴鹿女学園の近辺です。

 

そのため、東京までは5〜6時間ぐらいかかる見込み。

 

そこからフェリーに乗って更に7時間ぐらい。

 

 

 

 

船に乗る当日の昼12時ごろ。

 

昼頃に鈴鹿女学園近辺へ集合。

 

そして、車にチャリ4台と4人を載せて…。

 

f:id:racing_tak:20180821192300j:image

 

東京まで到着。この時点で20時半ぐらい。船の出航まであと2時間半ぐらい。

 

ちゃちゃっとご飯を食べて、早速船へ乗り込みます。

 

f:id:racing_tak:20180821192408j:image

 

東海汽船 橘丸。でかい。きれい。

 

2014年に就航したばかりの新しい船。デッキも客室もとても綺麗でした。

 

そして、輪行用のスペースまでちゃんと用意して頂きました。

 

f:id:racing_tak:20180821192626j:image

 

他にも輪行の方が。

 

客室に荷物を置き、デッキに上がって乾杯。

 

f:id:racing_tak:20180821192706j:image

 

 

 

東京湾クルーズ。レインボーブリッジやらスカイツリーやら。東京すごい。(語彙力

 

 

 

 

この時、遥々大分から来た友人氏からこんなお酒を頂きました。

 

f:id:racing_tak:20180821193714j:image

 

見慣れない缶。檸檬堂………?

 

なんと、コカコーラが製造しているチューハイだそうな。

 

九州だけで先行発売しており、それを密輸。

 

 

 

 

僕が頂いたのは塩レモン。他にも「はちみつレモン」、「定番レモン」の3つの味がありました。

 

 

 

感想は…やはり語彙力がアレなのでアレですが、

 

レモンそのものの味がしっかりしていて、缶チューハイらしからぬ上品な味わいです。

 

とにかく美味しかった。全国区での販売はよう、、、

 

 

 

 

 

みんなで楽しくお酒を飲んで、東京湾〜横須賀近辺まで海を見てから、就寝。

 

それからはずっと一面の海。

 

 

 

 

 

 

 

そして、朝4時ぐらい。

 

f:id:racing_tak:20180821194134j:image

 

一度起きて眠れなくなった。

 

コーヒーを飲みながら、デッキから一人で三宅島の写真が撮れるように待機しています。

 

実はこの写真でも若干写ってます。が、写真を撮るには難しい。

 

少しのんびりして、4時20分ぐらい。

 

f:id:racing_tak:20180821194507j:image

 

グゥーッド………いや、まだ暗い。

 

反対側は陽が出てきてすごい綺麗です。

 

f:id:racing_tak:20180822190728j:image

 

なんかのフリ素にありそう。

 

 

島全体の写真を撮りたいけど、これから先は島に近づく一方だしなぁ…。

 

この状況で頑張るしか。

 

カメラをガチャガチャ弄って…。

 

f:id:racing_tak:20180821191401j:image

 

どや!

 

 

 

 

 

 

満足したので、客室に戻って降りる準備をはじめます。

 

鈴鹿女学園より約16時間。

 

ついに…ついに!

 

f:id:racing_tak:20180905190410j:image
f:id:racing_tak:20180905190407j:image

 

三宅島に到着しました!

 

このフェリーターミナルへ宿のお迎えの車が来ており、荷物を置かせて頂くことになっています。

 

今日泊まるのは、やまのべ旅館さん。

 

車でお迎えに来て頂いたのですが…。

 

普通の車に自転車4台、手荷物4人分、人間4人はちょっと厳しい。

 

 

 

 

色々考えた末、一人+荷物で先に行ってもらい、後から自転車3台で追いかけることに。

 

朝5時。早速島を爆走。

 

f:id:racing_tak:20180905190953p:image

 

……しかしすごいな、この景色。

 

溶岩流の跡が一面に。海側もすべて溶岩。

 

いきなりの非日常な光景に、島一周への期待が高まります。

 

 

 

 

 

そしてやまのべ旅館さんに到着。

 

 

 

 

……と、アッサリ書きましたが、

 

実は到着した港から島の向かい側のところに旅館はあり、

 

要は島をいきなり半周しました。朝一からバテバテに。

 

という事で、

 

f:id:racing_tak:20180905191856j:image

 

ロビーで休憩してから朝ごはんを頂くことに。

 

このロビーももちろん作中に出てくるロビー。

 

 

 

f:id:racing_tak:20180905192420j:image

 

バテバテになった体を落ち着かせて、隣接するカフェで朝ごはんを頂きます。

 

もちろん、この隣接するカフェっていうのも……。

 

f:id:racing_tak:20180905192547j:image

 

フォーーーエバーーーなカフェ。

 

朝から色々と贅沢すぎないか?

 

 

 

 

 

見慣れない光景、見慣れた作中の光景に驚きながら、

 

島一周の準備を始めていきます……。

 

この時点で朝の9時。まだまだ一日目ははじまったばかりです。